絵師狩りってなんぞ

pixivやLINE、詐欺ビジネス「絵師狩り」横行 タダ働きで搾取、違法行為加担… – ビジネスジャーナル
●絵を安く買い叩く業者たち

一部の業者がpixivを使って安く絵をかき集めようとしている、という話が増えたのはソーシャルゲームが盛り上がり始めた頃だ。次々とリリースするゲームに大量に投入するカード画像を用意するために、既存のプロイラストレーターだけでは手が足りなかったのかもしれない。しかしそれよりも足りなかったのは予算だろう。

短納期で安い原稿料、そして無限のリテイク(描き直し)。プロなら絶対に受けないような悪条件にもかかわらず、これまで好きに絵を描いて発表しているだけだった人々のうち、できればプロとして仕事をしてみたいと夢を見ていたような層が引っかかった。

●知識を身につけ、ゲートをつくってガードする

搾取されないためには、まずは知識を身につけることだ。イラスト1点、漫画1枚の原稿料はいくらが相場なのか、どのようなケースで原稿料が発生するのか、依頼に付随して受けるべき作業と別料金で行うべき作業の境界線など、・・・(中略)・・・今はTwitterやブログなどで、そのような情報を仕入れることができるので、依頼を受ける前に検索するべきだろう。

あからさまにおかしな依頼を受けないために、事前にゲートを用意しておくことも有効だ。例えばpixivのプロフィールに「絵の仕事は受けません」と書く。・・・(中略)・・・pixivのメッセージ機能を使わせない方法だ。

あまり立派な値段はつけたくない、気軽に絵を描いてお金をもらう体験をしてみたい、という程度ならば、「coconala」がお勧めだ。

1依頼500円で受けていいと思うものを自分が出品する方式だから、例えば「Twitterのアイコン程度なら描いてもいい」など、自分なりに気軽なチャレンジがしやすい。

引用元: pixivやLINE、詐欺ビジネス「絵師狩り」横行 タダ働きで搾取、違法行為加担… | ビジネスジャーナル.

うーん、うーん。こわいよう。

なにがこわいかというと、唐沢なをき『まんが極道』がこわいよう。

こわくない? 私はこわい。フリーランス(ことに文筆業)で食っている人間は、みんなこの漫画を読むとぞっとするはずだ。

引用元: 『まんが極道』がこわいよう、俺、明日から本気出すんだよう – エキレビ!(1/4).

シェアする

フォローする

おすすめ記事