元素記号で水素な話をカップリング!?センター試験を前にしてモウロウと妄想した受験生がツィートか?(笑)

スポンサーリンク

理系と文系がカップリングして新しい学習の形が誕生w

『元素(化学元素)・元素記号』
元素記号・周期表

元素(element)は古代ギリシアや古代インドの哲学者によって、万物(物質)の根源を形成しているそれ以上分割できない『不可分かつ究極的な最小要素の性質』として定義されてきました。古代ギリシアの哲学者デモクリトス(Demokritos,紀元前460年頃-紀元前370年頃)は、アルケー(万物の根源)として原子の存在を仮定する『原子論(atomism)』を説きましたが、デモクリトスは原子(atom)の特徴を『不生不滅・無性質・分割不可能な物質の最小構成単位』であるとしました。
…中略…
『原子(atom)』は物質を構成する具体的な最小構成単位であり、『元素(element)』は物質の化学的性質に焦点を当てた抽象的概念ですが、ここでは化学の『周期表』(以下に掲載)に表示される化学物質を構成する成分としての『元素(化学元素)・元素記号』について大まかな説明をしていきます。周期表は、1869年にロシアの化学者ドミトリ・メンデレーエフが初めて作成したとされています。

引用元: 元素の事典.

こんにちは、恋愛コミュニケーター(?)の荒川です。これからクロスカップリングの話をします。クロスカップリング反応は2010年のノーベル化学賞をの受賞理由となった化学反応です。せっかくカップリングの話なので、やはりここは恋愛と絡めて紹介していきますよ!

引用元: クロスカップリングよ、永遠に | 科学コミュニケーターブログ.

クロスカップリング双愛図

シェアする

フォローする

おすすめ記事